2014年7月30日水曜日

今月の新作「言霊と真っ黒な瞳の少女」発表

なんとか間に合いました。

新作「言霊と真っ黒な瞳の少女」

この度新設する涅槃ラインとして発売致します。




2014年7月11日金曜日

エプソルトマスターピースの公開制作! その3

さあ締め切りは本日!
 

3回目のパテ盛り






そして削り出し。
サンドで美しい曲線を削り出して行きます。今回ほぼ120番を使用。
サンド掛けの時はマスクしましょう。パウダーが結構ムズムズきます。






どの角度から見ても美しく滑らかな曲線を目指して
削る 見る 撫でる 削る 見る 撫でる 、、、× X times






そして。。。マスターピース完成!(^^)

複雑な形状の場合はこれにサーフェイサーを吹いて単色化した時イメージ通り仕上がっているかなどチェックします。今回は省略。

制作期間は2週間弱。

コードネーム「BLUE BOSSA」と命名。



このマスターピースを次の入浴剤の型取り工程へ渡します。
型取り時、マスターピースが破損する場合もあるので、この原型を見るのはここまで。。
まさに無常ですなw


入浴剤として成立させるため、ここからさらに調整が入ります。



この先の工程は社外秘にて失礼(^^)


7月末発表をお楽しみに!


おしまい。

2014年7月10日木曜日

エプソルトマスターピースの公開制作! その2


前回のつづき



入浴剤として成形可能か!?の検証時間が必要な為、マスターピース制作に与えられた締め切りは近い、、、ので、詰めていきますよー


ラドールでの造形のみでは曲線が甘い。

いつものようにタミヤのポリパテ(2液タイプ)で修正していきます。






造形が甘かったり、凹んだ部分にパテを盛って。










サンドペーパーでひたすら削る。削る。削る。美しい曲線をめざして。







サンド掛け直後。大体パテの肉痩せが発生してます。肉痩せ部分をチェック!








2回目のパテで











痩せ部分に肉盛り。


パテ作業でちと頭クラクラ。。。









乾いたらまた根気と体力、集中力のヤスリ掛け。


本作品の重要なポイントは曲線。





ギターが本来持つ官能的な曲線をイメージして繊細なタッチでサンド掛け。

美しい曲線を生み出します。









ラドールも硬化したら思ったよりは丈夫で、パテとの相性もそんなには悪くない。
今後もメイン材として使えそうかな。




つづく。。。

2014年7月9日水曜日

エプソルトマスターピースの公開制作! その1

マズイ!7月末発表を計画していた新作のフレグランスと申請が間に合わない!((((;゚Д゚)))))))

ってことで、急遽、別の新作を制作することに。


新作のテーマはボサノバミュージック!もちろんモチーフとなるギターはガットギターです。

下はデザイン画 
完成時をイメージしたサイズ感とボディの曲線、サウンドホールの位置が重要です。




今回は石粉粘土ラドールをメイン材に使用してみます。繊細な部分の表現のみ使用したことあったが、使用感はどうだろうか?


ラドールで大まかな形を作成
ポリマークレイよりは柔らかくて成形はかなり簡単
強度はちと弱いかな。。。


つづく。。。

本日の徳島新聞にデザインコンペ記事掲載

本日の徳島新聞地方経済面にデザインコンペの記事掲載されています

2014年7月4日金曜日

デザインコンペ説明に。。。

ユマイエプソルトデザインコンペティションVol.1募集要項説明に行ってきました

穴吹学園グラフィックデザイン科

学生さんの前でしゃべるの初めてでしたが、有意義な時間でした(^^)

スペシャルサンクス永田先生!

2014年7月2日水曜日

モノマガジン7-16号に掲載されましたヽ(´o`

モノマガジン7-16号 161ページ
「NEW PRODUCT INFORMATION 新製品情報2」で取り上げて頂きました

ホーム  |  特定商取引法に基づく表記 |  プライバシーポリシー  |  返品について  |  送料 |  お問い合わせ
© UMAI MASAHARU 2013